0」の検索結果(0件)

    2010年 カリフォルニア プルーン作柄予想

    企業メディア

    2010.06.01

    ●USDA- NASSの作柄予想レポートへのリンクはこちら

    カリフォルニア州サクラメント(2010年6月1日)- 国立農業統計局(NASS)は、2010年のカリフォルニア産プルーン生産高を136,080MTとする予測を発表しました。この予測は、出荷業者が報告した2009年度カリフォルニア州の合計150,130MTから9%の減少となりますが、過去5年間の平均119,415MTを14%上回ることになります。

    2010年のプルーンの作柄は低温ではあったものの良好な気候に恵まれましたが、いくつかの生産地域では着果が軽めであったと報告されています。作柄はまた、とてもよい品質とサイズであると報告されています。

    NASSでは、収穫面積は去年の25,900ヘクタールから変化なしと推定していますが、カリフォルニア プルーン加工業者は24,681ヘクタールと予測しています。

    期末の繰り越し在庫は昨年の47,505MTより増加する見込みで、米国内および60カ国に及カリフォルニア プルーンの輸出市場に対して出荷量の増加が見込める十分な供給を残しています。カリフォルニア州は世界の生産量の約50%を供給し、引き続きマーケットリーダーであり続けています。