0」の検索結果(0件)

    大腸がん、骨粗鬆症の予防や喫煙者の疾病リスクを抑制ー栄養研究が裏付けるプルーンの効能

    美容健康

    2015.04.02

    米国マサチューセッツ州ボストン(2015年3月30日)-2015年のExperimental Biology (実験生物学会) の会合での新たな研究発表で、ドライ・プルーンの摂食によるさまざまな健康効果を示唆する証拠が示されました。閉経後女性の骨の健康の維持から喫煙者の炎症抑制効果まで、さまざまな効能の可能性が示唆されています。

    研究タイトルは以下のとおりです。

    ・プルーンは消化管内の善玉菌の保持を促進し、結腸がんリスクを低下させる。

    ・プルーンは閉経後女性の骨喪失の抑制、予防に役立つ。

    ・プルーンは体内の抗酸化能を高め、禁煙に苦労している喫煙者の疾病リスク抑制に役立つ可能性がある。

    ・プルーンは喫煙者のエラスターゼを減少させる可能性がある。エラスターゼは気腫の進行を示唆する炎症マーカーである。

    詳しくはこちら