0」の検索結果(0件)

    「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」TVCMキャンペーン、ニューノーマルの消費者意識を先取り。新バージョンでキャンペーンをデジタル拡大!

    キャンペーン

    企業メディア

    2021.05.26

    カリフォルニアプルーン協会 2021年春のキャンペーン

    「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」TVCMキャンペーン、ニューノーマルの消費者意識を先取り。
    販売実績*2が期首(2020年8月)より8か月連続で好調を持続。
    さらに新しい消費者層への浸透を目指し、新バージョンでキャンペーンをデジタル拡大!

    カリフォルニアプルーン協会は、2021年春の「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」TVCMキャンペーン終了直後に首都圏で消費者調査を行いました。その結果、77パーセントの回答者が「自分が摂取する食物がどこから来ているのか」を知りたいと考えており、また、60パーセント以上が、この広告を見たことにより、カリフォルニアプルーンを「絶対に購入する」「購入すると思う」と回答するなど、「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」CMが、消費者の間で高い好感度を維持していることが示唆されました。

    2021年春のキャンペーンが行われた2021年4月は、POS*2(日経POS Vision 全国)が前月比で7.3パーセント上昇した結果、プルーンの販売実績が期首(2020年8月)より、8か月連続で好調を持続し、対前年比で8.9パーセント成長しました。「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」CMは、長引くコロナで、不安、不自由な生活を送る日本の消費者に、カリフォルニアならではの環境と、献身的な生産者が生み出すプルーンのおいしさや、ナチュラルフードての安心安全のイメージ、利便性、栄養・健康効果を伝え続けることで、より一層の購買や喫食を促していると考えられます。これをうけ、カリフォルニアプルーン協会は2021年秋に再度「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」TVCMキャンペーン*3を展開することを決定しました。
    *3 2021年7月に正式発表予定

    また、コロナ禍での生活様式がニューノーマルになるにつれ、動画コンテンツへの消費者ニーズが拡大しています。中でも、キャッチアップ(見逃し)配信サービスは、コンテンツに対する信頼性が高い上、その視聴者の60%近くがテレビ番組視聴に配信サービスのみを利用しているため、TVCMとの補完が期待できます。そこで、カリフォルニアプルーン協会は、時間や場所にとらわれず自由に活動し、消費意欲が高いF1層(女性20-34歳)と健康意識の高いF2層(女性35-49歳)を対象に、親和性の高い日本人女性タレント*4を起用し、「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」CMの新バージョンとして制作した「やっぱりカリフォルニアプルーン、だね!」版を民放公式見逃し配信サービスTVer(ティーバー)にて、2021年6月25日より2週間先行展開します。2021年秋のTVCMキャンペーンに先駆け、カリフォルニアプルーンの美味しさと健康美を訴求して、新しい消費者層への浸透と市場拡大を試みます。

    「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」TVCMキャンペーン、ニューノーマルの消費者意識を先取り。

    消費者調査の結果、オリジナル版のカリフォルニアのプルーン生産者に「信ぴょう性」や「信頼性」、新「やっぱりカリフォルニアプルーン、だね!」版の日本人女性に「親しみ」、「分かり易さ」を感じていることが判明

    カリフォルニアプルーン協会は、新しい消費者層への浸透を目指し、2021年春のキャンペーン実施直後にオンライン消費者調査を行いました。
    今回の調査対象消費者:東京都、神奈川県、埼玉県及び千葉県に在住、その世帯で主な食品購入者であり、ドライフルーツを購入又は喫食したことがある16-75歳の男女 計609名

    その結果、カリフォルニアプルーンの訴求(アピール)についての質問では、CM最後に生産者を起用したオリジナル版と日本 女性を起用した新「やっぱりカリフォルニアプルーン、だね!」版について、双方とも60パーセント以上が、「大変好き(大変魅力的)」「とても好き(とても魅力的)」と感じており、それぞれについて好きなポイントとして以下を挙げています。

    「カリフォルニアの恵みを、ぎゅっと。」TVCMキャンペーン、ニューノーマルの消費者意識を先取り。

    *1 TVer INC. https://tver.jp/
    *4 かえひろみ https://www.sunmusic-gp.co.jp/talent/kae_hiromi/
       サンミュージックプロダクション所属女優、ラジオパーソナリティ
       2012年「ミス成城大学」グランプリ




    詳細はこちら:PDFリンク

    twitter

    TwitterはIEのサポートを終了しました。他のブラウザでご覧ください。

    twitter