0」の検索結果(0件)

    カリフォルニア産プルーンの新たなブランドイメージを発表!カリフォルニアプルーンを世界にお薦めする理由

    企業メディア

    リリース

    2019.05.22

    カリフォルニア プルーン協会(本部:カリフォルニア州ローズビル)は、 2019年5月21日(米国現地時間)に、世界最高品質を誇るカリフォルニア産プルーンの新しいブランドイメージを発表しました。これまで皆様に慣れ親しんいただいているカリフォルニアプルーンという名称に変わりはありません。この名前には、世界的に知られる理想的な栽培条件、何世代にも受け継がれる生産者と加工業者の専門知識、最適化された乾燥方法、世界最高レベルの農林規格など、カリフォルニア産プルーンが特別なプルーンたる所以の数々が表されています。
    「世界中から、プルーンを求めてカリフォルニアにやってくる。我々はそれを真剣に受け止めています。」とカリフォルニア プルーン協会の Donn Zea(ドン・ズィー)会長は語っています。「カリフォルニアは、その品質、サイズ、味において、業界で最も信頼され、安定した供給元としての評価を受けています。」
    この新しいブランドイメージは、カリフォルニアプルーンの素晴らしい品質とその幅広い効用を体現しています。新しいロゴのデザインは、これまで単なる原産地表示だったものを、カリフォルニアプルーンがマーケットリーダーであると示すものに変えています。また、「笑顔の毎日に―カリフォルニアプルーン」というキャッチフレーズからは、カリフォルニアプルーンがあなたの人生すべて、そして日々の生活のあらゆる場面を豊かにしてくれるという二重のメッセージが込められています。
    「このメッセージにより、プルーンは、たまに口にする嗜好品ではなく、毎日の楽しみとして食べるものに変わります。カリフォルニアプルーンは、消化器官、心臓、骨の健康に良いものですから、毎日食べることが理想なのです。」とズィーは語ります。
    消費者の食に対する意識がいつになく高まっている昨今、今こそが、カリフォルニアプルーンの効用に新しい光をあてる絶好の機会です。
    消化器官の健康への関心と意識が高まっており、さらに、プルーンを1日5,6個食べれば骨の健康に寄与する可能性が臨床研究によって示唆されています。

    カリフォルニアプルーンを世界へ

    「30年以上にわたり、私たちはカリフォルニアプルーンの市場を世界中で開拓してきており、今後もその歩みを継続していきます。カリフォルニアは、プルーンの優れた栽培方法と品質管理のみならず、栄養研究や作柄調査にも投資を続け、同時に持続可能な農業と倫理的な労働慣行の実施にも取り組んでいます。」

    「プルーンといえば、カリフォルニア。カリフォルニアプルーンは、世界中の市場で素晴らしい評価を受けています。」とドン・ズィー会長は語ります。「私たちが新たなブランドイメージにこめたメッセージは、明らかです。カリフォルニアプルーンを選んでください。」
    カリフォルニア プルーン協会の理事長で、自らがカリフォルニア州ウィンターズでプルーン農園を営むジョー・ターコヴィッチ氏によれば、新しいブランドイメージはカリフォルニアプルーンの素晴らしい品質を表しているといいます。

    「カリフォルニアの緑豊かな渓谷、昔から変わらぬ肥沃な土壌、降り注ぐ太陽は、比類のない美味しさを持つ果物の栽培に理想的なのです。」とターコヴィッチ氏。「カリフォルニアプルーンは丁寧に手をかけることで、大きさ、食感、甘みすべてが最高の1粒を厳選して収穫します。」

    ターコヴィッチ氏は、カリフォルニアプルーンほど美味しく、他の食材と相性の良いプルーンは、世界のどこにもないと説明します。
    「カリフォルニアプルーンは、新鮮で甘みが強く、滑らかな口当たりで、これはいつ食べても変わりません。」とターコヴィッチ氏。「今日から、そしてこれからの毎日、ぜひ皆さまにカリフォルニアプルーンを味わっていただきたいと思っています。」

    カリフォルニア生れのプルーンが、世界中で味わえる

    カリフォルニアプルーンは、世界60カ国以上に輸出されています。この新しいブランドイメージは、アメリカ、カナダ、EU、日本、中国、韓国など、多くの市場で導入されます。

    なお、日本のカリフォルニアプルーン協会ウェブサイト www.prune.jp は、今回の新ブランド発表を機に、デザイン及び魅力的なライフスタイルや食材別レシピなど内容を一新し、近日中に公開予定です。さらに詳細については、カリフォルニアプルーン協会の FacebookTwitterInstagramなどのソーシャルメディアをご覧ください。カリフォルニアプルーンの新しいロゴ、写真、レシピについては、刷新されたカリフォルニアプルーン協会本部のウェブサイト www.CaliforniaPrunes.org もご参照ください。