0」の検索結果(0件)

    Prune Q&A

    プルーンQ&A

    よくある質問

    プルーンとプラムはどう違うの?
    プルーンとプラムはどう違うの?生のすももを「プラム」、乾燥したものを「プルーン」と呼びます。
    すももは300種以上あるといわれていますが、種がついたまま乾燥させても発酵せず、「プルーン」になれるすももは数種類しかありません。糖度が非常に高いすももだけが「プルーン」になることができます。
    日本にも「プルーン」と称したすももがありますが、糖度が低いものは種がついたまま乾燥させると発酵してしまいます。
    すももはバラ目バラ科、サクラ亜科に属する植物で、あんず、梅、桃、桜などと近い親戚関係にあるため、プルーンプラムの花は桜の花にそっくりなのです。 >>プルーンとは
    「プルーン」の名前の由来は?
    「プルーン」も「プラム」も、語源としてはギリシャ語の「プロウノン(PROUNON または PROUMNON)」からやってきたとされています。「プルーン」はフランス語で「プラム」は英語ということになりますが、もともと「プルーン」という名詞は古代アジア西部のフリジア(現在のトルコ中央部、紀元前数千年頃に栄えた)に本源がありました。これがギリシャに入り→古代ラテン語に転じ→中世以降にフランス語に取り入れられ「プルーン(PRUNE)」になったようです。英語圏でも同様に「プルーン」を使っていましたが、近年は「プラム」が主流になりました。

    また、動詞としての「プルーン(PRUNE)」には、
    1.(余分な根などを)切りとる、(枝を)おろす、(木を)刈り込む
    2.(鳥が羽を)整える
    という意味もあります。
    プルーンの故郷はどこ?
    原産地は長寿で有名なコーカサス地方です。それがギリシャを経てローマ→フランス→ドイツ→イギリスへと広がり、近代に入り南北アメリカ、オセアニアへと広がっていきました。>>カリフォルニアのプルーン
    プルーンは加糖されているの?
    プルーンの甘さは天然の甘さで加糖されていません。プルーンになるすももは糖度が高いものばかりなので、加糖することなく保存することができます。
    また果肉の柔らかさは、加工の工程や加水値など水分の違いによるものです。>>カリフォルニアのプルーン
    いつ・どんなときに・どのくらい・どう食べたらいいの?
    いつ、どんなときに、どのくらい、どう食べたらいいの?1日の始まりや元気がほしい時に、そのままはもちろん、小さく刻んでヨーグルトやシリアルにトッピングするなど幅広く楽しめます。小腹がすいた時のおやつなどに1粒パクりと含んでみてください。近年は災害食としても注目され、1日4~5粒を目安に摂取するのがおすすめです。>>プルーンの食べ方・使い方
    料理に使うときのコツは?
    料理に使うときのコツは?プルーンに多く含まれる抗酸化物質やカリウム、食物繊維は調理による加熱でも変化しません。煮込む・蒸す・炒める・焼くなど様々な料理に使えます。また、プルーンの甘さはデザートだけではなく、料理にコクとまろやかさを与えるため、お肉、ジャム、パンなどの隠し味にも有効です。
    保存方法は?
    プルーンはもともと保存食なのでかなり特別な保存は必要ありません。ただ、一度開封した商品はパッケージに記載の消費期限にかかわらず、冷蔵庫や冷暗所で保存しなるべく早めにお召し上がりください。